vista から 7 へ

久しぶりに更新です(笑
ノートパソコンのOSを、windows vistaから7へアップグレードしました。
3年前のcore solo 1.2Ghzのノートなので、vistaのときは、もっさりのそのそ。
7ではソコソコ動くようになりました。
Win7のアップグレード版パッケージで約2万円。費用対効果は・・・・それなり。。
一部のドライバが7に対応していないため、削除。
メーカサポートに問い合わせると、7対応のドライバの予定なしとのこと。
うーん。そんなもの?
(追記)
HDDの衝撃保護用のドライバが7で使えないので、ついでに、HDDをSSDに換装しました。
SSDとHDD交換ソフトで約2万円。これは効果が大きかったです。
合計の費用が約4万円。かなり快適になり、ストレスがほとんどなくなりました。
ちなみに、Windowsエクスペリエンスインデックスの「プライマリハードディスク」の値が 3.4 から 5.8 に。

Win7アップグレードで既にサポート対象外なので、もうやりたい放題です(笑)。

#SSDとは・・・フラッシュメモリ等を記憶媒体に使ったものです。メモリなので、HDDよりアクセスが速くなります。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: その他いろいろ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。