法改正・特許関連

ちょっと実務者向き・・・

平成18年の法改正のうち、特許法関連が4月1日に施行されました。

①特許請求の範囲の補正の制限(単一性の範囲内)

②分割出願の時期拡大

③分割出願で原出願の拒絶理由が解消していないといきなり「最後の拒絶理由通知」が来る

など。

併せて、審査基準も改定されています。

①との絡みで、単一性判断の方法、例示がかなり詳しく説明されています。

施行規則・審査基準の「特別な技術的特徴」がキーワードですね。「特別な技術的特徴」の合致が単一性の用件。

「特別な技術的特徴」

=「発明の先行技術に対する貢献を明示する技術的特徴」なので、

「先行技術」しだい。

「先行技術」によって単一性の範囲が変わるので、情報系の分野では、進歩性の判断と同様、審査官によってかなりバラツキが出そうな感じ・・・

今後、要注意です。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。