情報処理分野の特許出願動向

情報処理分野の最近の動向を調べてみました。
国際特許分類IPCでいうと、G06F17/60、G06Q、G06F19/00あたりになります。
特定用途の情報処理がこれらの分類に入ります。
ビジネスモデルは、G06F17/60、G06Qに含まれます。
ここ数年、登録数は増加傾向出願数は減少傾向にあるようです。
審査請求をしてから登録までの期間は約3年でした。
詳しい数字は、事務所ウェブページへ→http://orbpat.jp/jp/pra/jp/swstat.html
#国際特許分類IPCは、技術分野で特許出願を分類するもので、各特許出願に国際特許分類が付けられています。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。