標章→商標→登録商標

難易度:■■□

「標章」と「商標」と「登録商標」の違い。商標法第2条にあります。

「標章」→「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合」

「商標」→「標章」のうち「業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの」と「業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの」

「登録商標」→「商標登録を受けている商標」

簡単にいえば、

「標章」→2次元のマーク・文字、3次元の形状etc

?

「商標」→「標章」のうち、商売で、商品やサービスに使うもの。

例えば、アメーバブログの場合。

みどり色のウニウニしたアメーバを模したモノはもちろん「標章」。

商売で、サービス(広告)に使用しているので、「商標」。

それで・・・登録されているかと調べてみると・・

されています。商標登録第4665027号。

眼の無いバージョン。

この商標登録、指定役務に、

インターネットその他の通信ネットワークを介して行う広告の代理,インターネットその他の通信ネットワーク上に於ける広告スペースの提供,その他の広告

としっかり入っています。ちなみに第35類。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。