出願番号からの出願日の推測

難易度:■□□

特許出願をすると、出願番号が付きます。

また、出願が公開されると、公開番号が付きます。

これらの番号から、出願日や公開日がある程度推測できます。

ここ何年かは1年間の出願件数が約40万件なので、

例えば特願200x-200000くらいは、200x年の7月前後の出願、

特開200x-200000くらいは、200x年の7月前後の公開となります。

同様に、特願200x-100000くらいは、200x年の4月前後の出願、

特開200x-100000くらいは、200x年の4月前後の公開となります。

ちなみに、

特願2002-200000の出願日は、2002年7月9日。

特開2002-200000の公開日は、2002年7月16日。

特願2003-200000の出願日は、2003年7月22日。

特開2003-200000の公開日は、2003年7月15日。

特開2004-200000の公開日は、2004年7月15日。

特開2005-200000の公開日は、2005年7月28日。

#大雑把ですが、実際に日付を調べる前の段階ではある程度助けになります。

もちろん鵜呑みにはできないのでキチンと調べます。

#なお、300000くらいから後は誤差が増えます。500000番台の出願には適用できません。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。