侵害訴訟と特許の有効性

難易度:■■□

特許の侵害訴訟は、特許権者(特許を持っているひと)が、無断で特許に該当する物を作っていたり販売していたりした場合に、それを止めさせることを求めたり、損害賠償を求めたりするもの。

裁判では、原告(=特許権者)は、被告(=訴えられた方)が特許権を侵害していることを出張し、被告は特許権を侵害していないことを主張します。

その際、被告は、特許権が無効であれば、そもそも特許権がなかったことになるので、その訴訟内で特許の無効を主張したり、訴訟外で特許庁に対して無効審判の請求をしたりします。

無効審判で特許の無効が認定されると、特許はなくなります

一方、訴訟で特許の無効が認定された場合、被告の勝訴になりますが、特許自体はなくなりません

したがって、その特許について別の侵害訴訟があると、その場でも特許の無効が別途争われます。

最近では、特許庁での無効審判は時間がかかるため、訴訟内で特許の有効性が審理されることが多いです。先日の松下 v ジャストシステムの第二審でも松下の特許権の一部が無効であると認定されています。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。