特許・日米比較(その2)

難易度:■■■

第2回:先願主義と先発明主義

先願主義は、複数の者が同一の発明をした場合、一番先に出願した者に特許を与えるという考えかた(First to file)。

先発明主義は、複数の者が同一の発明をした場合、一番先に発明をした者に特許を与えるという考えかた(First to invent)。

先願主義への移行も検討されているようですが、現状、米国は、先発明主義です

日本その他を含むほとんどの国は、先願主義です

日本の場合(先願主義)、先願・後願の基準時(同一発明に対する複数の出願に対する優劣の判断基準時)、新規性・進歩性の基準時は、出願時(出願日)です。出願日は、特許庁の記録で明らかなので、この点の争いはほとんど発生しません。

米国の場合(先発明主義)、基準時が原則、発明時です。

発明時の認定では、着想(conception)→具現化(Reduction to Practice)で、いつ具現化したかが問題になります。まずは出願日が発明日と考えられますが、発明ノートなどで出願日前に具現化の日を証明できれば、その日が発明日となります。証明できるかどうかで発明日が変わるため、時として争いが生じます。

以上。第3回につづく。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。