特許出願の書類

難易度:■□□

特許出願の書類は、

①願書(がんしょ)

②特許請求の範囲(とっきょせいきゅうのはんい)

③明細書(めいさいしょ)

④図面(ずめん)

⑤要約書(ようやくしょ)

の5点セットです。図面がない場合は4点セット。

願書には、特許出願します!という意思表示と、申請(出願)する人が誰かなどを書きます。

特許請求の範囲には、どういう範囲で権利が欲しいか書きます。

明細書には、特許請求の範囲に書いたコト(アイデア)の具体的な実現方法を書きます。

図面は、明細書の説明の補助に使用します。明細書とセットで具体的な実現方法を説明します。

要約書には、アイデアの要約を書きます。

書くのが一番難しいのは、特許請求の範囲です。特許を活かすも殺すもココの書き方しだい。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。