特許ってなに

難易度:■□□

特許」は、あるアイデアを、①自分と自分が許可した人だけが使えて、②その他の人が使えないようにする権利です。

特許になった他人のアイデアを使う場合、その人の許可(ライセンス)をもらいます。

特許」をとるまでのプロセスは、

①アイデアをまとめた書類を作って特許庁へ提出する(特許出願)。

・・・この段階では特許はまだ取れていません。「特許出願中」というのは、この手続きをしましたよ、ということ。

②特許が取れるかどうかを特許庁に審査してもらう(出願審査請求)。

・・・①から3年以内にコレをしないと二度とできません。

・・・OKなら、「特許査定」というもの(紙1枚)が特許庁から届きます。

・・・NGなら、「拒絶理由通知」というもの(紙数枚)が届きます。この場合、反対意見を提出したり、特許出願の内容の修正をしたりします。

・・・その後、OKになると、「特許査定」が届きます。最終的にNGだと「拒絶査定」というものが届きます。

③「特許査定」が届いたら、「特許料」を支払います。

・・・これで特許が登録されて「特許証」が送られてきます。

①>>特許事務所(弁理士)に頼むと、だいたい1~2ヶ月かかります。

特許事務所の費用は、アイデアの内容によりますが、普通、20~70万円くらいです。

特許庁の費用は1.6万円

②>>1ページの請求書を提出するだけなので時間はかかりません。

特許事務所の費用は、1,2万円程度

特許庁の費用は、特許出願の内容にしだいで、20万円前後のことが多いです。

②をしてから「特許査定」か「拒絶査定」が届くまでに1.5~3.5年程度かかります。

③>>最初の特許料は普通1万円前後です。

特許事務所に頼んだ場合、このときに「成功報酬」(10万円くらい)を支払うことが多いです。

#特許事務所の費用は、各特許事務所が勝手に決めています。①を頼むときに、①,②,③でどのくらいの費用になるかを聞いてみてください。

・・・内容しだいの費用もありますので概算になると思いますが、だいたいの感じはつかめます。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: しごとのこと・知財関連   パーマリンク

コメントは受け付けていません。