淹れかたの種類

せっかくテーマを作ったので・・

コーヒーの淹れかた>>

①ペーパーフィルタードリップ

②ネルドリップ

③サイフォン式

④パーコレータ

⑤水出し

⑥エスプレッソマシン

⑦インスタント!!

ネルドリップは、要は布フィルターです。

サイフォンは、、、、説明難しいですね。

その1)上の容器にコーヒー豆(もちろん挽いたもの)を入れて、下の容器に水を入れてランプで温めます。

その2)するとお湯になって管を伝って下から上の容器に上がっていきます。上の容器のなかでコーヒーを抽出します。

その3)上の容器にはフィルタがあって、ランプを外すと、上の容器からコーヒーだけが下の容器に降りてきます。

これでできあがり。

パーコレータは、容器内部でお湯を循環させてフィルタなしで超粗挽きのコーヒー豆からコーヒーを抽出します。確かアウトドア用品だったと思います。

水出しは、コーヒー豆に1滴ずつ水を垂らして時間をかけてコーヒーを抽出します。

普通、家庭だと①か⑦ですね。

喫茶店だと②か③。ただし、スタバとかは⑥エスプレッソですね。

私の好みは、ホットだとサイフォン式、アイスだと水出しです。家ではペーパーフィルターですが。。

水出しは、3000円~10000円くらいで器具が売っているので、お試しを。酸化しにくいので2,3日は保存できます。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: その他いろいろ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。