メール送受信…難あり

私のメールアドレスのメールサーバは日本にあります。メールを送受信する際は、上海のプロバイダを経由して日本のメールサーバにアクセスします。

日本のサーバ管理会社によると、DNSの逆引きができないとアクセス拒否するようにしているとのこと。

DNSの逆引きとは、IPアドレス(例えば192.168.1.1)からドメイン名(例えばx12345x.com)へ変換することです。

上海のプロバイダがDNSの逆引きの登録をしていないらしく、メールの送信・受信が1時間くらいできないことがあります。もうたいへん。。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: 上海日記 ni hao ma?   パーマリンク

コメントは受け付けていません。