上海のバス停

上海のバス停は、止まり木みたいなものに、路線番号とバス停の順番が書かれた金属製のプレートが貼ってあるだけ。

このプレートは、そのバス停で停まる路線の数だけあります。ココの近くのバス停には10枚以上貼ってあります。

日本のバス停のような時刻表はないです。

通りの名前がそのままバス停の名前になっていたりすると、同じ名前のバス停が2,3個あったりするので、乗り間違えに注意してます。

chezhanこんな感じ。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: 上海日記 ni hao ma?   パーマリンク

コメントは受け付けていません。