線量計購入

自宅周辺の線量レベルが高いらしいので、線量計を購入しました。

人(私!)の被曝量の測定がメインの目的です。

上記目的のための線量計の基本要件としては、
(1)携帯できること
(2)線量当量の積算できること
の2点が必須。
あとは、べらぼーな値段ではないこと。

技術的な要件としては、
(1)核種はセシウムがメインだと思うので、セシウム134,137由来のガンマ線のエネルギーが検出レンジに入っていること
(2)シンチレータ(GM管より誤差が少なそうな気が・・・)

ということで、探した結果、
RAE社製のDoseRAE2
になり、Amazon経由で購入しました。
名刺入れくらいのサイズでクリップが付いているので、胸ポケットやバック内などで携帯可能。
スペック的には精度がそれほどよくないですが、個人的に目安がわかればOKなので特に問題なし。
ガンマ線(X線含む)だけを検出します。


とりあえず、事務所(東京都千代田区飯田橋3-3-11)内で計ってみました。事務所内(地上5階、床から1mのところ)で、0.05-0.07マイクロSv/hでした。
自然放射線(宇宙線等)の検出分+誤差がどの程度あるか不明ですが、年間0.6ミリSv程度なのでまったく問題ないレベルです。
事務所にいらっしゃる方は安心してお越しください。

なお、宇宙線による年間被曝量は0.3ミリSv程度のようですが、宇宙線のエネルギー分布などが不明なので、どの程度検出しているかわかりません。。。


これから、私の被曝量の計測です。計測方法は、
(1)平日24時間携帯して累積の線量当量を計測し、
(2)休日24時間携帯して累積の線量当量を計測し、
(3)年間被曝量(予想値)=(2)の結果x125+(1)の結果x240
・・・年間の休日数125はおおよそです。

結果報告はそのうちに・・・

2011.7.8追記:
測定しました。
(1)=2.68microSv/day on 2011.6.30-7.1
(2)=2.94microSv/day on 2011.7.2-7.3
ということで、私の年間被曝量(予想値)は、
1.01mSv
になります。
現状の評価では、自然放射線を考慮すると、許容範囲内です。

...
弁理士 青木 修 @ オーブ国際特許事務所
1999年に弁理士登録して以来、東京にて電気情報系の国内・海外特許業務に従事。
カテゴリー: 放射線のハナシ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。